スマホ代節約方法を真剣に考えるサイト!話題の格安simで本当に安くなる?

ずっとAUスマホを使っていたんですが、この頃の月額料金は8000円ほどでした。

 

この料金をなんとかしたいと思って格安スマホに乗り換えようと思ったんです。

 

今使ってる携帯番号はそのまま使用したいので、音声通話付きのMNP対応をしてる格安スマホ会社を探してみました。

 

 

 

色々あったんですが、一番私向きだなって思ったのはYMOBILEでした。 格安スマホ会社の中だと、料金は高めだったんですが、通話料金が他社と違ったんです。

 

 

 

大体他の格安スマホ会社は通話料金に無料分とは一切なく、かけた分だけお金がかかるというものでした。

 

 

しかも通話料金は30秒20円で、5分も話せば200円ほどかかってしまうというものでした。

 

 

 

仲間内だけでしか通話しないというならLINEなどの無料通話アプリを使えば問題ないのですが、仕事先に電話をかける時や固定電話にかける時はそういうものは使えないので、どうしても通話料金が発生してしまうんです。

 

 

 

YMOBILEは10分以内の通話は無料だったんです。

 

 

 

一応一ヶ月300回以内までという回数制限はありますが300回もあればさすがに問題ありません。

 

 

 

ただ、実際YMOBILEにしてから少し長電話をして10分以上の通話になってしまったことが何度かあり、料金がそれなりにかかってしまったりしたことがあったので、今はプラス1000円で完全通話無料プランに入ってます。

 

 

 

一応入ってないほうが安かったんですが、10分以内の通話に抑えたいとあせってしまったりするので、1000円で時間を気にせず話せるならこれでいいやって思ったんです。

 

 

 

あとLINEなどの無料通話アプリで話してると、妙に相手の電話口の音が響いたり、自分の話し声がコダマのように聞こえてきたりして不快感があったのも理由の一つです。

 

 

 

結局YMOBILEは1Gの月額2980円のプランに通話無料オプションの1000円追加で約4000円になりました。

 

 

 

自宅使用は無料WIFIがあるのと、外出時はスマホはほとんど通話ばかりになってるので、1Gのプランでも私は問題ないって感じです。

 

 

 

結局YMOBILEにして月額使用量がほぼ半額にすることができたので、満足してます。

スマートフォンにしたいとずっと考えていました。しかし、いろんな人から話を聞くと料金についてかなり高いと言う話でした。

 

実際、携帯電話ショップで試算してもらったら月々1万円ほどになります。

 

もちろん、その料金の中には携帯電話本体の分割した料金も入っておりました。

 

 

 

それがネックとなってずっと躊躇しておりました。

 

 

 

自宅ではパソコンを利用しておりますので、家でスマートフォンを利用することはほとんどありません。

 

 

 

外出先などで利用するだけですので、それだけで1万円はちょっと高いです。そんな時に格安simの携帯が販売されてきました。

 

 

 

通話はガラケー、ネットを見たりするのは格安スマホにしてみました。最初はスピードが遅くて、データの上限が無いプランでした。

 

 

 

しかし、通信速度の遅さはとても不便でした。その後、高速LTE回線対応の格安SIMのスマートフォンが販売されました。

 

 

スマートフォン本体は中古で購入しました。2年落ちですが、20000円でした。利用してみると高速LTE回線はとても快適でした。

 

 

 

画面の動きもさくさく変わりますので問題ありません。データ量の上限は3ギガまでですが、それ以上になるとスピードダウンしてしまいます。

 

 

 

しかし、自宅ではWIFIです。外出先で動画を見ることが無ければ上限を超えることはありません。月額も消費税込みで2000円ほどです。

 

 

 

ガラケーとの2台持ちになります。ガラケーでは通話を中心に利用しております。

 

 

 

スマホも当然通話はできますが、ガラケーのバックアップ的な利用にしております。

 

 

 

2台持ちですと不便に思えますが、電話をしながら、ちょっとネットで調べることもできるのでとても便利です。

 

 

 

2台持っても5千円ほどですので僕のお小遣いでも全然大丈夫です。

今、あらゆる格安スマホ会社が出現していていつかは買い換えようと考えている方々も多いことだと思います。

 

しかし、実際に買い換えようと思うとメリットとデメリットがよくわからないこと、買い換えるタイミングがわからないとということで実行できなこともあります。

 

まずそのメリットです。これは何といってもコスト面でしょう。

 

 

 

毎月大手通信キャリアでは6000〜7000円(端末代金のぞく)がプラン次第では毎月3000円近く安くなることもあります。

 

 

 

特に大手通信キャリアの通話放題の料金は通話を行う頻度が低い場合はもちろん、MNPした方がいいでしょう。

 

 

 

そして逆にデメリットも出てきます。これまで使っていたキャリアメールが使えなくなります。

 

 

 

また、SMSサービスも契約によっては利用できなくなりますのできちんと利用については確認した置いた方がいいでしょう。

 

 

 

そして、肝心の通信スピードやエリアです。

 

 

LTEや3GのエリアをMVNO事業者として格安スマホ会社が運営しているので大きな違いはありませんがどうしてもエリアや時間によっては大手通信キャリアの契約時に比べると遅くなることもあるかもしれません。

 

 

 

しかし、これはコスト面で見たときには大きな問題にならないと思います。

 

 

 

トータルで考えたときに格安スマホ会社は自分自身のデータ通信の度合いでプランをフレキシブルに変更できたり、契約に2年縛りがなかったり、端末も格安の販売であったりというメリットがあります。

 

 

 

あとは口コミや店頭で実際に端末をさわるなどしてMNPを検討してもいいのではないでしょうか。

 

 

 

メリット、デメリットを総合して自分自身にあったプランを選択する余地が多いのも格安スマホ会社のいいところだといえるでしょう。

近年、数多くの格安SIMが登場ていますが、ワンコイン未満でで利用できる大手家電量販店ヨドバシカメラの格安SIMを購入してみました。

 

契約プランは電話対応・データ通信(インターネット)限定の2種類に加え、データ通信量によって多くのプランがありますが、もっとも注目すべきプランは税込み480円で利用可能な480円プランです。

 

 

 

このプランはデータ通信速度が遅いですが(数値で表すと250kbps)、どれだけ使っても480円とリーズナブル、一日パズドラしても、インターネットラジオ(民放放送のradikoや、NHKラジオのらじる★らじる)を聴き続けても、インターネットや地図を沢山見ても1ヶ月税込み480円で済みます。

 

 

 

非常に維持費が安く済む為、安価なスマートフォンとセットで両親にプレゼントしてスマートフォンデビューさせるも良し、お子様に買い与えて月々のスマートフォン使用料を削減するも良し、安価と言う事で多くの利用用途が考えられます。

 

 

但し、データ通信速度が遅いと書いた通り、インターネットラジオは聴くことが出来てもYouTubeを代表とした動画サイトの閲覧、画像を多く用いたWebサイト、TwitterやFacebookなどのSNSサイトへの写真投稿については非常に時間を要してしまう為、注意が必要です。

 

 

 

その他、現在利用しているドコモやauのメールが使えなくなるので、480円SIMに乗り換える場合も注意して下さい。

 

 

 

この安価な格安SIMに乗り換えるに辺り、金銭的な余裕がある場合は追加で月額150円の費用が発生してしまいますが、SMSサービスと言うオプションを付与することを強くお勧めします。

 

 

 

SMSサービスは、電話番号でやり取りをする電子メールのようなサービスの名称ですが、多くの場合電波状況を表す三本線の表示や、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる際に必要となるオプションです。

 

 

 

特に理由が無い限りはSMSサービスのオプションを付けるとストレス無く使い続けることが可能になると思います。

世間の流れからはだいぶ遅ればせながら、必要にかられてきたのでガラケーからスマホへ先日乗り換えました。

 

乗り換えにあたって一番のネックは価格でした。月々八千円前後という値段は、自分自身の使用頻度から考えると、高すぎました。

 

 

 

その価格が壁となって従来のガラケーを使いつづけてたというのもあります。そこで、格安SIM業者へ乗り換えすることにしました。

 

 

 

格安SIM業者と一口にいっても、その業者によってプランの設定の仕方もぜんぜん違い、なかなか簡単に横並びに比較しにくく感じましたが、いろんなクチコミサイトなどを参考にして、OCNモバイルONEへ乗り換えることへしました。

 

 

 

こちらのプランは基本的に一日単位で高速で使える容量が決まっているというもので、それほど使わないことがわかっている自分にとってはちょうど良いプランだと思えました。

 

 

バックボーンがNTTという信頼性も大きく感じました。 実際使い始めてみると、おそらく速度的にはいわゆるキャリアのものよりも劣るとは思うのですが、それほど不都合も感じることなく通話もインターネットも使えています。

 

 

 

昼間など込み合う時間帯にはどうしても通信が遅くなるといわれていますが、さほど使用頻度の高くないこちらにとっては、電話が不通になるわけでもないので、不都合も感じてはいません。

 

 

 

そういったことを踏まえて実感としては、格安SIMで十分問題ない、と自分では思っています。一日中ゲームをしている、音楽をよく聞く、通話も多い、というヘビーユーザーでしたら、逆に格安SIMのほうが月額の利用料金も高くなり、通信品質にも不満を感じるでしょうから、キャリアにしておいたほうが良いかなとは思いました。

 

 

自分のライフスタイルにあった業者を選ぶ、という考え方が良いのだと思います。

 

私は現在、格安SIMを入れたスマートフォンを利用しています。

 

スマートフォン本体はリサイクルショップで格安SIMを入れるために買いました。値段は3千円ほどでしたのでとても安いと感じています。

 

格安SIMの毎月の利用料金も1500円程度なのでとても安くスマートフォンの利用ができていると思います。

 

 

 

少し前まではこんなに安くスマートフォンの利用ができるなんて考えられなかったことです。

 

 

 

私もずっとガラケーからスマートフォンに変更してみようかなと考えていましたがスマートフォンの本体価格と毎月の利用料金の高さが気になりガラケーを使い続けていました。

 

 

 

ちなみにその頃の私のガラケーの毎月の利用料金はだいたい千数百円円という感じでした。

 

 

私がガラケーで利用していた機能はメールが主で通話機能はあまり使うことはありませんでしたので料金も安く抑えることができていました。

 

 

 

いちどスマートフォンに変更するとどれくらいの料金がかかるのだろうと思い、ガラケーを使っている通信会社でスマートフォンに変更した場合の毎月の利用料金を調べてみたことがありました。

 

 

 

調べてみてその料金の高さに驚きました。スマートフォンにすると毎月の利用料金が5千円近くになってしまうことが判ったからです。

 

 

 

これではスマートフォンに変更するメリットは私にはまったくないので結局、私はそのままガラケーを使い続けていたのです。

 

 

 

ガラケーでも不便の無いの私でしたが格安スマホや格安SIMサービスが始まり料金を調べてみたところガラケーと同じ料金でスマートフォンが使えることが判りました。

 

 

 

これならスマートフォンに変更しても何の問題もありません。そこで私もガラケーからスマートフォンに変更することにしたのです。

 

 

 

私はメールを使うことが多いのですがスマートフォンにしてからはネットの利用も簡単で便利になったのでスマートフォンでサイト検索をする機会も増えました。

 

 

 

ガラケーと同じ安さでスマートフォンの利用ができているので格安SIMには本当に便利だと感じています。

私は趣味でスポーツジムに通っているのですが、そこには水素水の販売機が設置されています。

 

実は私、それが物凄く気になるんですよ。と言っても、最初から気になっていたわけではありません。むしろ、何か変な機械が置かれているなとしか思っていませんでしたからね。

 

ところが、あることをきっかけにして水素水が気になるようになったのです。それは運動後の人体におけるメカニズムと、その解消のためには水素水が最適であるとジム仲間に教えてもらったことによります。

 

実は運動後って、身体は酸素を多量に摂取した状態なので、体内の細胞が酸素によって結構傷付いているらしいのですよね。それを修復してくれるのが水素水だと教えられたのです。

 

それまでは運動は一律に身体に良いと思っていただけに、細胞云々の話は結構ショックでした。そして、これが老化を促進させる可能性もあるというのです。女性としては、そんな言葉は聞きたくありませんよね。

 

だからこその水素水なのです。 これまではスポーツドリンクを飲んで水分補給をしていましたが、最近は水素水に切り替えようかなと思っています。やはり活性酸素対策はしなきゃと思いますし、老化の促進は嫌ですから。

 

Vアップシェイパーemsも買っちゃったし、理想の身体にできるものは何でも取り入れていこうと思っています。

インターネットやスマートフォンの通信料金が気になり始め、まずはインターネット回線のほうが契約満了を迎えたので評判の格安SIMへの乗り換えを決意しました。

 

様々な比較検討を行った結果、私が選んだのはBIC SIMです。

 

 

 

理由を端的に言うと「料金、安定感、使い勝手、すべてのバランスが一番良かったから」これです。

 

 

 

まずは、料金。3GBで972円は、業界でもかなり安い値段設定です。3GBは決して多い容量ではありませんが、月々1000円以内でとりあえずインターネットが繋がるというのはすごいことです。

 

 

 

安定感については導入前は口コミを比較するしかありませんが、BIC SIMを提供するIIJmioは格安SIMの中でもかなり有名どころ。

 

 

 

比較的良い口コミばかりを目にし、また他と比べて悪いという評判は見当たりませんでした。 そして、使い勝手。私が特に重視したのは「容量プランがたくさんあること」「複数枚のSIMカードを持てること」です。

 

 

これらの項目は各社様々ですが、BIC SIMは3GB、5GB、そして10GBと幅広いプランを用意してくれていました。

 

 

 

更に、10GBプランだとSIMカードを合計3枚まで持つことができるので、スマートフォンとポケットwifiの両方で容量をシェアするなど便利な使い方ができるようになります。

 

 

 

もちろん、大容量での月額も業界最安値級で安心して使うことができます。 いざ使い始めてみると、思ったよりも通信速度が速く、また安定していることに驚きました。

 

 

 

もちろん、料金を考えた上で「思ったよりは」ということは承知しないとなりませんが。 使い始めて3ヶ月経ちますが、特に致命的なトラブルもありません。

 

 

 

容量は3GBプランを使い続けていますが、月内にプラン変更を申し込めば翌月から反映されるようです。ここらへんの融通が利くところも、格安SIMの良さですね。

ずっとdocomoのスマホを使っていたのですが、格安スマホと比べると利用料金を不満を感じたので、格安スマホに乗り換えました。

 

携帯番号はそのまま使いたかったので、音声通話付きのMNP対応の格安スマホ会社を探してみたいんですが、目に留まったのはDMMmobileでした。

 

 

 

一番気に入ったのが通信量が幅広くあったことです。 私は自宅にインターネット回線を引いていて自宅での使用はWIFIでできるので、自宅使用では通信量がかからないのと、外出時はあまりスマホを使用しないので通信量は少なめのプランがいいと思ってたんです。

 

 

 

大体月平均すると1,5Gぐらいの使用量だったので2Gぐらいのプランがあればよかったんですが、大体1Gか3Gのプランが多く微妙に感じる会社が多かったんですが、DMMは1G,2G,3Gと細かい料金プランがあり、ちょうど私の探していた2Gのプランがあったので、ここが良いと思って契約しました

 

 

契約したのはスマホとセットのプランで、スマホはASUS ZenFone2、通信プランは2Gのものにしました。 今までdocomoだったので、手持ちのスマホをそのまま使うこともできたんですが、電池の劣化が激しくて新しいスマホを購入してみました。

 

 

 

利用料金はdocomoだと7500円ほどかかってたんですが、DMMmobileにしたら 基本料金が3200円、通話もするので大体4000円ぐらいで収まるようになり利用料金が半額ぐらいになりました。

 

 

 

使ってみて良かったと感じたのはバースト機能です。 月末になると通信量が2Gを超えてしまい速度制限がかかってしまうことがたまにあるんですが、低速状態になると通信の最初だけ高速通信になるんです。

 

 

 

すぐ低速に戻ってしまうんですが、テキストファイル程度ならこの一瞬で読み込みが完了してしまうので、軽いサイトならサクサクなのでとても助かってます。

 

 

 

動画メインで見る方にはあまり活用できない機能だとは思うんですが、私のように動画をあまり見ない人にはとても便利で、DMMmobileがお勧めじゃないかと思います。

 

我が家は私と家内がすでにスマートフォンを所有しています。

 

今年、それぞれ高校生、中学生になった娘たちにもフューチャーフォンからスマートフォンに買い替えてあげようということになりました。

 

 

 

まずは通信キャリアについてです。私と家内が10年以上、こどもたちも5年以上利用している通信キャリアから格安スマホ会社に乗りかえるかどうかという検討も行いましたがあまりに群雄割拠、さらにこどもたちがほしいと思える端末がないことから検討を外しました。

 

 

 

こうなると次はスマートフォンのOSです。iOSなのかアンドロイドかという選択になります。正直、わたしはアンドロイド派なのですが家内がiOS派です。娘たちもWiFiモデルのiPadの使い方に慣れ親しんでいるためどうしてもiOSの方がいいといってききません。

 

 

まわりの友達たちもみんなアイフォンだからあわせたいという思いもかなり強いようでした。 といってもここは子供たちが使いたい端末にしてあげないといけないのでアイフォンに決めました。次に購入に際してです。

 

 

 

携帯電話会社の直営ショップに行って購入することにしたのですが何よりも驚いたのが今、アイフォンに関してはプランがかなりシンプルになっているということです。

 

 

 

子供たちもWifiなどを使ってどうやって通信料を節約するかというすべをWifiモデルのiPadを使うことでマスターしていますので毎月5Gのデータ通信があれば全く問題ない状況です。

 

 

 

今はわたしだけがアンドロイド端末で家族3人はアイフォンになっています。正直、どちらも使いやすいのですがわたしはこれからもアンドロイド端末を継続して購入して使いたいなと思っています。好きなメーカーがあって使い続けています。