体験談・ブログ記事

ずっとAUスマホを使っていたんですが、この頃の月額料金は8000円ほどでした。

 

この料金をなんとかしたいと思って格安スマホに乗り換えようと思ったんです。

 

今使ってる携帯番号はそのまま使用したいので、音声通話付きのMNP対応をしてる格安スマホ会社を探してみました。

 

 

 

色々あったんですが、一番私向きだなって思ったのはYMOBILEでした。 格安スマホ会社の中だと、料金は高めだったんですが、通話料金が他社と違ったんです。

 

 

 

大体他の格安スマホ会社は通話料金に無料分とは一切なく、かけた分だけお金がかかるというものでした。

 

 

しかも通話料金は30秒20円で、5分も話せば200円ほどかかってしまうというものでした。

 

 

 

仲間内だけでしか通話しないというならLINEなどの無料通話アプリを使えば問題ないのですが、仕事先に電話をかける時や固定電話にかける時はそういうものは使えないので、どうしても通話料金が発生してしまうんです。

 

 

 

YMOBILEは10分以内の通話は無料だったんです。

 

 

 

一応一ヶ月300回以内までという回数制限はありますが300回もあればさすがに問題ありません。

 

 

 

ただ、実際YMOBILEにしてから少し長電話をして10分以上の通話になってしまったことが何度かあり、料金がそれなりにかかってしまったりしたことがあったので、今はプラス1000円で完全通話無料プランに入ってます。

 

 

 

一応入ってないほうが安かったんですが、10分以内の通話に抑えたいとあせってしまったりするので、1000円で時間を気にせず話せるならこれでいいやって思ったんです。

 

 

 

あとLINEなどの無料通話アプリで話してると、妙に相手の電話口の音が響いたり、自分の話し声がコダマのように聞こえてきたりして不快感があったのも理由の一つです。

 

 

 

結局YMOBILEは1Gの月額2980円のプランに通話無料オプションの1000円追加で約4000円になりました。

 

 

 

自宅使用は無料WIFIがあるのと、外出時はスマホはほとんど通話ばかりになってるので、1Gのプランでも私は問題ないって感じです。

 

 

 

結局YMOBILEにして月額使用量がほぼ半額にすることができたので、満足してます。

続きを読む≫ 2015/07/25 17:09:25

スマートフォンにしたいとずっと考えていました。しかし、いろんな人から話を聞くと料金についてかなり高いと言う話でした。

 

実際、携帯電話ショップで試算してもらったら月々1万円ほどになります。

 

もちろん、その料金の中には携帯電話本体の分割した料金も入っておりました。

 

 

 

それがネックとなってずっと躊躇しておりました。

 

 

 

自宅ではパソコンを利用しておりますので、家でスマートフォンを利用することはほとんどありません。

 

 

 

外出先などで利用するだけですので、それだけで1万円はちょっと高いです。そんな時に格安simの携帯が販売されてきました。

 

 

 

通話はガラケー、ネットを見たりするのは格安スマホにしてみました。最初はスピードが遅くて、データの上限が無いプランでした。

 

 

 

しかし、通信速度の遅さはとても不便でした。その後、高速LTE回線対応の格安SIMのスマートフォンが販売されました。

 

 

スマートフォン本体は中古で購入しました。2年落ちですが、20000円でした。利用してみると高速LTE回線はとても快適でした。

 

 

 

画面の動きもさくさく変わりますので問題ありません。データ量の上限は3ギガまでですが、それ以上になるとスピードダウンしてしまいます。

 

 

 

しかし、自宅ではWIFIです。外出先で動画を見ることが無ければ上限を超えることはありません。月額も消費税込みで2000円ほどです。

 

 

 

ガラケーとの2台持ちになります。ガラケーでは通話を中心に利用しております。

 

 

 

スマホも当然通話はできますが、ガラケーのバックアップ的な利用にしております。

 

 

 

2台持ちですと不便に思えますが、電話をしながら、ちょっとネットで調べることもできるのでとても便利です。

 

 

 

2台持っても5千円ほどですので僕のお小遣いでも全然大丈夫です。

続きを読む≫ 2015/07/24 17:11:24

今、あらゆる格安スマホ会社が出現していていつかは買い換えようと考えている方々も多いことだと思います。

 

しかし、実際に買い換えようと思うとメリットとデメリットがよくわからないこと、買い換えるタイミングがわからないとということで実行できなこともあります。

 

まずそのメリットです。これは何といってもコスト面でしょう。

 

 

 

毎月大手通信キャリアでは6000〜7000円(端末代金のぞく)がプラン次第では毎月3000円近く安くなることもあります。

 

 

 

特に大手通信キャリアの通話放題の料金は通話を行う頻度が低い場合はもちろん、MNPした方がいいでしょう。

 

 

 

そして逆にデメリットも出てきます。これまで使っていたキャリアメールが使えなくなります。

 

 

 

また、SMSサービスも契約によっては利用できなくなりますのできちんと利用については確認した置いた方がいいでしょう。

 

 

 

そして、肝心の通信スピードやエリアです。

 

 

LTEや3GのエリアをMVNO事業者として格安スマホ会社が運営しているので大きな違いはありませんがどうしてもエリアや時間によっては大手通信キャリアの契約時に比べると遅くなることもあるかもしれません。

 

 

 

しかし、これはコスト面で見たときには大きな問題にならないと思います。

 

 

 

トータルで考えたときに格安スマホ会社は自分自身のデータ通信の度合いでプランをフレキシブルに変更できたり、契約に2年縛りがなかったり、端末も格安の販売であったりというメリットがあります。

 

 

 

あとは口コミや店頭で実際に端末をさわるなどしてMNPを検討してもいいのではないでしょうか。

 

 

 

メリット、デメリットを総合して自分自身にあったプランを選択する余地が多いのも格安スマホ会社のいいところだといえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/23 17:12:23

近年、数多くの格安SIMが登場ていますが、ワンコイン未満でで利用できる大手家電量販店ヨドバシカメラの格安SIMを購入してみました。

 

契約プランは電話対応・データ通信(インターネット)限定の2種類に加え、データ通信量によって多くのプランがありますが、もっとも注目すべきプランは税込み480円で利用可能な480円プランです。

 

 

 

このプランはデータ通信速度が遅いですが(数値で表すと250kbps)、どれだけ使っても480円とリーズナブル、一日パズドラしても、インターネットラジオ(民放放送のradikoや、NHKラジオのらじる★らじる)を聴き続けても、インターネットや地図を沢山見ても1ヶ月税込み480円で済みます。

 

 

 

非常に維持費が安く済む為、安価なスマートフォンとセットで両親にプレゼントしてスマートフォンデビューさせるも良し、お子様に買い与えて月々のスマートフォン使用料を削減するも良し、安価と言う事で多くの利用用途が考えられます。

 

 

但し、データ通信速度が遅いと書いた通り、インターネットラジオは聴くことが出来てもYouTubeを代表とした動画サイトの閲覧、画像を多く用いたWebサイト、TwitterやFacebookなどのSNSサイトへの写真投稿については非常に時間を要してしまう為、注意が必要です。

 

 

 

その他、現在利用しているドコモやauのメールが使えなくなるので、480円SIMに乗り換える場合も注意して下さい。

 

 

 

この安価な格安SIMに乗り換えるに辺り、金銭的な余裕がある場合は追加で月額150円の費用が発生してしまいますが、SMSサービスと言うオプションを付与することを強くお勧めします。

 

 

 

SMSサービスは、電話番号でやり取りをする電子メールのようなサービスの名称ですが、多くの場合電波状況を表す三本線の表示や、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる際に必要となるオプションです。

 

 

 

特に理由が無い限りはSMSサービスのオプションを付けるとストレス無く使い続けることが可能になると思います。

続きを読む≫ 2015/07/22 17:14:22

世間の流れからはだいぶ遅ればせながら、必要にかられてきたのでガラケーからスマホへ先日乗り換えました。

 

乗り換えにあたって一番のネックは価格でした。月々八千円前後という値段は、自分自身の使用頻度から考えると、高すぎました。

 

 

 

その価格が壁となって従来のガラケーを使いつづけてたというのもあります。そこで、格安SIM業者へ乗り換えすることにしました。

 

 

 

格安SIM業者と一口にいっても、その業者によってプランの設定の仕方もぜんぜん違い、なかなか簡単に横並びに比較しにくく感じましたが、いろんなクチコミサイトなどを参考にして、OCNモバイルONEへ乗り換えることへしました。

 

 

 

こちらのプランは基本的に一日単位で高速で使える容量が決まっているというもので、それほど使わないことがわかっている自分にとってはちょうど良いプランだと思えました。

 

 

バックボーンがNTTという信頼性も大きく感じました。 実際使い始めてみると、おそらく速度的にはいわゆるキャリアのものよりも劣るとは思うのですが、それほど不都合も感じることなく通話もインターネットも使えています。

 

 

 

昼間など込み合う時間帯にはどうしても通信が遅くなるといわれていますが、さほど使用頻度の高くないこちらにとっては、電話が不通になるわけでもないので、不都合も感じてはいません。

 

 

 

そういったことを踏まえて実感としては、格安SIMで十分問題ない、と自分では思っています。一日中ゲームをしている、音楽をよく聞く、通話も多い、というヘビーユーザーでしたら、逆に格安SIMのほうが月額の利用料金も高くなり、通信品質にも不満を感じるでしょうから、キャリアにしておいたほうが良いかなとは思いました。

 

 

自分のライフスタイルにあった業者を選ぶ、という考え方が良いのだと思います。

 

続きを読む≫ 2015/07/21 17:16:21

私は現在、格安SIMを入れたスマートフォンを利用しています。

 

スマートフォン本体はリサイクルショップで格安SIMを入れるために買いました。値段は3千円ほどでしたのでとても安いと感じています。

 

格安SIMの毎月の利用料金も1500円程度なのでとても安くスマートフォンの利用ができていると思います。

 

 

 

少し前まではこんなに安くスマートフォンの利用ができるなんて考えられなかったことです。

 

 

 

私もずっとガラケーからスマートフォンに変更してみようかなと考えていましたがスマートフォンの本体価格と毎月の利用料金の高さが気になりガラケーを使い続けていました。

 

 

 

ちなみにその頃の私のガラケーの毎月の利用料金はだいたい千数百円円という感じでした。

 

 

私がガラケーで利用していた機能はメールが主で通話機能はあまり使うことはありませんでしたので料金も安く抑えることができていました。

 

 

 

いちどスマートフォンに変更するとどれくらいの料金がかかるのだろうと思い、ガラケーを使っている通信会社でスマートフォンに変更した場合の毎月の利用料金を調べてみたことがありました。

 

 

 

調べてみてその料金の高さに驚きました。スマートフォンにすると毎月の利用料金が5千円近くになってしまうことが判ったからです。

 

 

 

これではスマートフォンに変更するメリットは私にはまったくないので結局、私はそのままガラケーを使い続けていたのです。

 

 

 

ガラケーでも不便の無いの私でしたが格安スマホや格安SIMサービスが始まり料金を調べてみたところガラケーと同じ料金でスマートフォンが使えることが判りました。

 

 

 

これならスマートフォンに変更しても何の問題もありません。そこで私もガラケーからスマートフォンに変更することにしたのです。

 

 

 

私はメールを使うことが多いのですがスマートフォンにしてからはネットの利用も簡単で便利になったのでスマートフォンでサイト検索をする機会も増えました。

 

 

 

ガラケーと同じ安さでスマートフォンの利用ができているので格安SIMには本当に便利だと感じています。

続きを読む≫ 2015/07/20 17:18:20

私は趣味でスポーツジムに通っているのですが、そこには水素水の販売機が設置されています。

 

 

 

実は私、それが物凄く気になるんですよ。と言っても、最初から気になっていたわけではありません。むしろ、何か変な機械が置かれているなとしか思っていませんでしたからね。

 

 

 

ところが、あることをきっかけにして水素水が気になるようになったのです。それは運動後の人体におけるメカニズムと、その解消のためには水素水が最適であるとジム仲間に教えてもらったことによります。

 

 

 

実は運動後って、身体は酸素を多量に摂取した状態なので、体内の細胞が酸素によって結構傷付いているらしいのですよね。それを修復してくれるのが水素水だと教えられたのです。

 

 

 

それまでは運動は一律に身体に良いと思っていただけに、細胞云々の話は結構ショックでした。そして、これが老化を促進させる可能性もあるというのです。女性としては、そんな言葉は聞きたくありませんよね。

 

 

 

だからこその水素水なのです。 これまではスポーツドリンクを飲んで水分補給をしていましたが、最近は水素水に切り替えようかなと思っています。やはり活性酸素対策はしなきゃと思いますし、老化の促進は嫌ですから。

続きを読む≫ 2015/07/19 17:07:19

インターネットやスマートフォンの通信料金が気になり始め、まずはインターネット回線のほうが契約満了を迎えたので評判の格安SIMへの乗り換えを決意しました。

 

様々な比較検討を行った結果、私が選んだのはBIC SIMです。

 

 

 

理由を端的に言うと「料金、安定感、使い勝手、すべてのバランスが一番良かったから」これです。

 

 

 

まずは、料金。3GBで972円は、業界でもかなり安い値段設定です。3GBは決して多い容量ではありませんが、月々1000円以内でとりあえずインターネットが繋がるというのはすごいことです。

 

 

 

安定感については導入前は口コミを比較するしかありませんが、BIC SIMを提供するIIJmioは格安SIMの中でもかなり有名どころ。

 

 

 

比較的良い口コミばかりを目にし、また他と比べて悪いという評判は見当たりませんでした。 そして、使い勝手。私が特に重視したのは「容量プランがたくさんあること」「複数枚のSIMカードを持てること」です。

 

 

これらの項目は各社様々ですが、BIC SIMは3GB、5GB、そして10GBと幅広いプランを用意してくれていました。

 

 

 

更に、10GBプランだとSIMカードを合計3枚まで持つことができるので、スマートフォンとポケットwifiの両方で容量をシェアするなど便利な使い方ができるようになります。

 

 

 

もちろん、大容量での月額も業界最安値級で安心して使うことができます。 いざ使い始めてみると、思ったよりも通信速度が速く、また安定していることに驚きました。

 

 

 

もちろん、料金を考えた上で「思ったよりは」ということは承知しないとなりませんが。 使い始めて3ヶ月経ちますが、特に致命的なトラブルもありません。

 

 

 

容量は3GBプランを使い続けていますが、月内にプラン変更を申し込めば翌月から反映されるようです。ここらへんの融通が利くところも、格安SIMの良さですね。

続きを読む≫ 2015/07/18 17:20:18

ずっとdocomoのスマホを使っていたのですが、格安スマホと比べると利用料金を不満を感じたので、格安スマホに乗り換えました。

 

携帯番号はそのまま使いたかったので、音声通話付きのMNP対応の格安スマホ会社を探してみたいんですが、目に留まったのはDMMmobileでした。

 

 

 

一番気に入ったのが通信量が幅広くあったことです。 私は自宅にインターネット回線を引いていて自宅での使用はWIFIでできるので、自宅使用では通信量がかからないのと、外出時はあまりスマホを使用しないので通信量は少なめのプランがいいと思ってたんです。

 

 

 

大体月平均すると1,5Gぐらいの使用量だったので2Gぐらいのプランがあればよかったんですが、大体1Gか3Gのプランが多く微妙に感じる会社が多かったんですが、DMMは1G,2G,3Gと細かい料金プランがあり、ちょうど私の探していた2Gのプランがあったので、ここが良いと思って契約しました

 

 

契約したのはスマホとセットのプランで、スマホはASUS ZenFone2、通信プランは2Gのものにしました。 今までdocomoだったので、手持ちのスマホをそのまま使うこともできたんですが、電池の劣化が激しくて新しいスマホを購入してみました。

 

 

 

利用料金はdocomoだと7500円ほどかかってたんですが、DMMmobileにしたら 基本料金が3200円、通話もするので大体4000円ぐらいで収まるようになり利用料金が半額ぐらいになりました。

 

 

 

使ってみて良かったと感じたのはバースト機能です。 月末になると通信量が2Gを超えてしまい速度制限がかかってしまうことがたまにあるんですが、低速状態になると通信の最初だけ高速通信になるんです。

 

 

 

すぐ低速に戻ってしまうんですが、テキストファイル程度ならこの一瞬で読み込みが完了してしまうので、軽いサイトならサクサクなのでとても助かってます。

 

 

 

動画メインで見る方にはあまり活用できない機能だとは思うんですが、私のように動画をあまり見ない人にはとても便利で、DMMmobileがお勧めじゃないかと思います。

 

続きを読む≫ 2015/07/15 17:22:15

我が家は私と家内がすでにスマートフォンを所有しています。

 

今年、それぞれ高校生、中学生になった娘たちにもフューチャーフォンからスマートフォンに買い替えてあげようということになりました。

 

 

 

まずは通信キャリアについてです。私と家内が10年以上、こどもたちも5年以上利用している通信キャリアから格安スマホ会社に乗りかえるかどうかという検討も行いましたがあまりに群雄割拠、さらにこどもたちがほしいと思える端末がないことから検討を外しました。

 

 

 

こうなると次はスマートフォンのOSです。iOSなのかアンドロイドかという選択になります。正直、わたしはアンドロイド派なのですが家内がiOS派です。娘たちもWiFiモデルのiPadの使い方に慣れ親しんでいるためどうしてもiOSの方がいいといってききません。

 

 

まわりの友達たちもみんなアイフォンだからあわせたいという思いもかなり強いようでした。 といってもここは子供たちが使いたい端末にしてあげないといけないのでアイフォンに決めました。次に購入に際してです。

 

 

 

携帯電話会社の直営ショップに行って購入することにしたのですが何よりも驚いたのが今、アイフォンに関してはプランがかなりシンプルになっているということです。

 

 

 

子供たちもWifiなどを使ってどうやって通信料を節約するかというすべをWifiモデルのiPadを使うことでマスターしていますので毎月5Gのデータ通信があれば全く問題ない状況です。

 

 

 

今はわたしだけがアンドロイド端末で家族3人はアイフォンになっています。正直、どちらも使いやすいのですがわたしはこれからもアンドロイド端末を継続して購入して使いたいなと思っています。好きなメーカーがあって使い続けています。

続きを読む≫ 2015/07/14 17:24:14

私の使用しているデジタル機器は、パソコンWindows7、iphone5c、それから最近購入したSurfaceRTです。

 

職場ではもう一台のパソコンWindows8を使います。 自宅のwifi環境はJCOMのケーブルインターネット使い放題です。

 

 

 

職場ではNTTの光通信なのでどちらも一度機器の設定をすれば、勝手につながってくれるのでとても便利です。iphoneはソフトバンクと契約していますが、モバイルデータ通信は常にオフの状態です。

 

 

 

これもwifiだけの利用にしているからです。多少不便ではありますが、自宅でも職場でも勝手につながってくれるので面倒なのは外出中だけです。

 

 

 

以前はソフトバンクのwifiルーターを使っていたのですが、月額3880円と少し高めだったので、2年の支払いが終わった時点でLTE対応のルーターを購入しようといろいろ調べてみました。

 

 

ですが、LTE対応となると2万円前後の価格帯でした。それに月々の支払いなので、できるだけ安くしたいと思っていたらNTTのwifiルーターレンタルというものを知りました。

 

 

 

もちろんNTTと契約していることが条件でしたが、職場と契約していてもOKということだったのですぐに申し込むことにしました。レンタル料は月額324円と安価です。

 

 

 

そして格安simですが、これもいろいろ検討した結果、外出先でルーターが必要なのは、私と高校3年の息子だけなので、iijmioの家族シェアプラン、ひと月10GBまで使い放題というものにしました。

 

 

 

simカードは私と息子2枚、もちろんレンタルルーターも2つレンタルすることにしました。初期費用が6000円ほどかかりましたが、月々の支払いは、ルーターが648円、SIMの通信料は3000円程度です。

 

 

 

iphoneだけで7,8000円かかっていた時に比べれば、5000円以上は浮いた計算です。少し初めの設定は面倒ではありますが、ネット環境もずいぶん変わった今、格安で利用しない手はないと思います。

続きを読む≫ 2015/07/13 17:28:13

私は元々通話用にガラケーと、SIMフリーのiPhone6にOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使っていました。

 

 

 

OCNモバイルONEのデータ通信プランは月間2Gで¥1,100と、データ通信速度は高速通信を必須と考えて選んだ事もありますが、格安SIMの中では少し割高でした。

 

 

 

といっても、元々非常に安い金額の範囲での話なので、特には気にしていませんでした。しかし、今年の2月辺りから移動時間にWEBアプリで色々と勉強を始めて、そのために通信量が大幅に増えてしまい、速度制限が掛かる事もしばしばありました。

 

 

150Mbpsから200kbpsに引き下げられてしまうため、こうなるとほとんど使い物にならなくなってしまいます。

 

 

 

格安SIMと呼べる範囲の料金であれば少し高くなっても良いので、5G程度の通信量で新しいプランのSIMを探していました。

 

 

 

そこで発見したのが、なんとDMM mobileが今年3月26日から大幅にSIMの料金を引き下げるという記事でした。

 

 

 

私が希望する5Gであれば、なんと¥1,270になるとの事。OCNの方とあまり変わらない金額で通信量が倍以上になるのですから、これは乗り換えないと損だと思いました。

 

 

 

他のプランも見ていたらなんと10Gで¥2,250...元々の¥3,680から大幅に料金が下がっていました。

 

 

 

DMMmobileの回線はIIJ mioの回線を借りているとの事で、それであれば速度に不安は全く無く、なぜこの料金で提供出来るのかと不思議に思う程でした。

 

 

 

もちろん業界最安値ですし、ネットワークの接続設定も簡易的なものですので良いですね。

 

 

 

不安だったのはiPhone6にSIMカードが対応しているかという点でしたが、調べると対応している事がすぐ分かりました。

 

 

 

実際に使ってみた所、回線速度は数値上は思ったより速くありませんでしたが、体感では全く問題無い速度でしたので、満足でした。

 

 

 

今後これよりも安いプランなど、出て来るのでしょうか。データ通信料金は下がる一方でユーザーとしては嬉しいですが、あまりにも安いと何か説明しがたい不安も感じてしまいますね。 とはいえ、しばらくこの状態で使っていこうと思います。

 

続きを読む≫ 2015/07/12 17:31:12

通信料金はどれだけ収入がなくとも一定の額かかるので、かつて三大キャリアしか選択肢がなかったときは泣く泣く高いお金を支払ったものです。

 

しかし今の時代格安SIMという便利なものがあるので月々の維持費は劇的に安くなります。

 

 

 

通信料金だけで純粋に比較すると八千円はかかっていたのが一気に二千円前後で押さえ込むことができました。

 

 

 

もちろん通信エリアは三大キャリア同等で不満はありませんし、通話品質や回線速度も大きく不満を感じることはありませんでした。

 

 

 

若干月間の通信制限のかかる上限使用量は下がりましたが、もともと使いきれていなかったので納得感はあります。

 

 

 

ただ実質的に月額利用料に大きく差を生んでいるのは端末代金と思われます。月々の五千円程度の差とは即ち一括払いすると十万円することもある高品質の端末代なのです。

 

 

 

キャリアの窓口ではやはり最新機種のハイエンドを勧められるので特に性能面では不満はないですが、結果的には自分にとっては不必要なスペックのある端末を使っていることも多々あります。

 

 

そこで自分に合わせた端末を見つけるべくヤフオクを利用しました。誰かが使ったあとの中古のシムフリー端末も出回っていますし、まだまだ新品で白ロムと言われる端末が型落ち品だと非常に安く買い取ることができます。

 

 

 

メールとネット閲覧、プラスアルファで少しゲーム程度であれば2万円から3万円の端末で十分使用に耐えます。

 

 

 

一年で割ると三千円を切る程度の支払いなので三大キャリアの通信料金と格安SIMの料金の差で十分一年でペイしますし、先々まで見据えるとかなりお得になってきます。

 

 

 

最初が一括なのでためらうところはあるでしょうが、それでもトータルで考えればお得だと十分言えます。

続きを読む≫ 2015/07/11 17:33:11

わたしは1年前から単身赴任をしています。毎月3Gが上限のスマートフォンとと自室には光ファイバー敷設の上、ノートパソコン利用。

 

 

 

さらには移動時に利用するためのWiFiモデルのタブレットパソコンを持っています。正直、自室では動画を中心とした重いデータを利用することはまったくストレスもないのですが問題は屋外での利用です。

 

 

 

スマートフォンは3Gでは正直足りません。また、タブレット端末についても家族と一緒の時はそれほど利用することもありませんでしたが今は利用頻度が高く、コーヒーショップなどでは利用できても移動中のスマートフォンのテザリングでは容量が足りないのが現状です。

 

 

 

そこで考えたの格安simの契約です。幸いなことに今使っているスマートフォンがsimフリー端末なので利用に当たっては非常に条件が良かったわけです。ここから格安simの会社と容量選びです。

 

 

今は非常に多彩な会社からsimカードが出ていますが中には2年縛りがなかったり、即解約ができたり、または月ごとにデータ利用上限をフレキシブルに変更できるといったメリットもあります。

 

 

 

私の場合、この単身赴任という生活環境がなくなれば、必要なくなりますのでこの条件は非常に大事なポイントです。

 

 

 

次にデータ通信のバックボーンですが屋外ではそれほど動画などを見るわけでもなく通信エリアを重視してLTEがバックボーンの格安sim提供会社を選択しました。今、利用し始めて3か月になります。

 

 

 

最初は1Gで始めましたが今は3Gにプランを切り替えている次第です。非常に満足しています。

 

 

 

一つ気になるとしたらsimカードの入れ替えが面倒だというくらいでしょうか。しかし、まだ利用したことのない方も設定も契約も簡単なのでおすすめです。

続きを読む≫ 2015/07/10 17:34:10

私は色々悩んだあげくfreetel priori2にしました。アマゾンでバッテリーの予備がついて13,000円ぐらいでした。

 

AUのiphone5を使っておりますが、SIMロックがかかっているため、海外で使うことの前提で購入しました。

 

 

 

ただ使い方によっては国内でもと思ったのですが、今の所二つ使ってます。 どうしてもiphoneを4,4s,5と使って来てたので、中々アンドロイドのスマホには慣れません。格安というのもあって、スペックは良くないのはわかってて買いました。

 

 

 

今の所、このスマホはイギリス、アメリカ、オーストラリアで使ってますが、海外ではSIMを買って使ってます。

 

 

 

日本も本当はそういう風にしたかったのですが、日本の格安SIMの場合セキュリティの理由で1ヶ月だけ使うというのが出来ないので、今回はデータだけしか使えません。

 

(もちろん格安SIMで電話もありますが縛りがかかるのが嫌だったので。)

 

 

やはり電話が出来ないと100%スマホの力が発揮出来ないと思うのです。海外では100円から200円ぐらいでSIMカードを購入して電話、ネットは1000円から2000円を支払い、都度買いもしくはプラン買いをしてます。 日本ではテストでソネットの2ギガバイトのデータのみを買って試してみました。

 

 

 

2Gで3000円と言う日本の携帯プランの高さを感じられました。結局AUのIphone5があるので、そちらがメインでしたので、2ギガは使うことかったです。 たまに面倒ではありますが、priori2でテザリングをしてiphoneで使ってみたりしてました。

 

 

 

スピードは十分でしたが、やはり後悔したのはLTEモデルを買わなかったことでした。 LTEモデルはあと5000円ほど出さないと行けません。もしpriori2が良ければ、彼女にも一台と思ってたので、1台に5000円追加と言うのが考えものでした。

 

 

 

iphone5は当然のごとくLTEなので国内で使う時にはどうしてもpriori2のスピードの遅さを感じてしまいました。 iphoneを使ったことが無い人や初めてのスマホ、子供に買ってあげる分などで考えれば十分すぎるぐらい安くいいスマホだと思いますが、少しでも安くしようとかでiphoneやアンドロイドの高性能を使われているのであれば、買うのは考えた方がいいかな?と思いました。

続きを読む≫ 2015/07/09 17:36:09

iPhone4が出てからというもの、世間の流れもありずっとスマホを使ってきました。

 

そして疑いもなく毎月9千円程の端末の割賦金を含めた使用料金を払い続けていました。 2年立てば、新しい機種に目移りし、割引率に惹かれてまた2年契約。

 

 

 

専業主婦になった今、あまりに高額な通信量を節約しようと思い、辿り着いたのがOCNの格安Sim、モバイルONEでした。

 

 

 

結論から言うと、今は月の使用料金は2千円にまで減り、快適なスマホ生活を送っています。 1日110MBまで使うと、通信速度が落ちる最低料金のプランを使っている意識から、スマホを触る時間が極端に減りました。 肝心な時に使い物にならないと困りますから。

 

 

 

しかし実際に110MBを使い切ったことはありません。 仮に使い切るようになれば、1日170MB〜月5GBといつでもプラン変更できるので安心です。

 

 

 

110MBなんて言われてもピンときませんでしたが、ママ友に写真付きのラインを頻繁に送り合い、ネット検索やゲームを少々しても全然平気です。

 

 

Simフリーの端末を一括で購入しましたので初期費用はかかりましたが、それを差し引いても十分に安いと感じます。 ドコモの端末を持っていれば、その初期費用さえもSimカード契約時の3千円のみです。

 

 

 

「高いお金を払っているのだから、使い倒さなきゃ損」という貧乏くさい精神も落ち着いて、今までスマホとにらめっこしていた時間を家事や子どもとの時間に回すようになりました。

 

 

 

まだあまり普及していないため、手続きで戸惑うこともありました。 モバイルONEはネットと郵送での手続きで、MNPの場合1日程度電話ができなくなることがあります。

 

 

 

年末年始で手続きをした私でも1日のみの電話不通だったので、緊急連絡だけ対処しておけば、ストレスはありませんでした。 端末上の設定も説明書を参照してあっけなく終わりました。

続きを読む≫ 2015/07/08 17:38:08

大手通信業者が始めた通料速度制限ですが現在では格安SIM業者でも規制をかけることが当たり前となってきました。

 

 

 

これは電波に限界があるため、やむを得ないことだと割り切るしかありません。 では、その中でもどの業者を契約するのかは知識を必要とするところです。

 

 

 

私はIIJMIOという会社をおすすめします。様々な格安SIM業者がある中で、大手キャリアの電波を借りているという点をメリットにしている業者は少なくありません。

 

 

 

というよりもほとんどすべての業者が大手キャリアの通信網を借りているのでその謳い文句は当然といえます。

 

 

しかし、実際そのキャリアと同等の速度が出るのかと言えば出ません。私は様々な業者で契約して試しましたがIIJMIO意外の業者は基本的に超低速でした。もちろん時間帯や利用場所により異なるでしょうがIIJMIOは場所時間を問わず安定した通信速度を維持してくれます。

 

 

 

また、大手キャリアで10GBを契約した場合、現在では9500円と比較的高額になってしまうのに対し、IIJMIOは2560円とまさに格安です。私は1人で利用するため、SIMカードは1枚ですが最大3枚までシェアすることができるため、大手キャリアのみで契約する事を考えると非常にお得です。

 

 

 

また、大手キャリアがこぞって提供している通話し放題プランですが、これはこれで利用価値が高く、私はガラケーで2200円、IIJMIOのスマートフォンで10GB2560円です。合わせても税抜き4760円しかかかっていません。

 

 

 

ガラケーは通話以外できませんが以外と負担にはならず、少し前まで懸念されていた「格安SIMはテザリングができない」という不安も現在では解決されています。テザリングが利用できる機種がありますので、その機種を選べば家庭用のパソコンでも十分に高速通信が可能です。

 

 

 

格安SIMは契約しなければデメリットを理解しづらいものですが私は断然IIJMIOをおすすめします。

 

続きを読む≫ 2015/07/07 17:39:07

イーモバイルは海外ではSIMフリーとして使えますよと聞いたので、海外旅行用にレンタルしてwifiルーターを借りるよりは、スマホとしても使えるしと思い、アマゾンで7,000円で購入しました。

 

 

 

海外に行くことが多いのですが、行く時には大体2週間ぐらい行くので、ルーターを借りると一回の旅行で元が取れるなと思いました。

 

 

 

 

 

このスマホを持って、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、オーストラリア、香港、カンボジア、イギリスと行きました。現地で、データと電話のプランのSIMを購入しました。

 

 

 

一番良かったのはマレーシアでした。値段は覚えてないのですが、どこも大体2000円ぐらいでした。

 

 

 

マレーシアの友人の運転である洞窟に行ったのですが、彼の携帯電話の会社の電波が繋がらなく、道に迷いそうになりました。ただ私のSIMカードの会社はしっかり繋がったので、Wi-Fi S31HWの地図のアプリを使いなんとかたどり着きました。

 

 

 

インドはそんなに繋がる所が少ないのと、外国人には少し面倒な手続きが必要でした。ホテルのwifiでなんとか済んだのでよかったです。ベトナムも面倒で、普通の店では手続きが出来ず、屋台の様な所で、おばさんに携帯を渡し、英語が通じないのに、数字で伝えて、なんとか繋がることができました。

 

 

 

Wi-Fi S31HWは小さく、荷物が多い私には素晴らしい物だと思ったのですが、スマホとしての機能は最低でした。まずアンドロイド2.2ということ、画面の大きさが2.8インチで、当然画面にあるタッチパネルのボタンは私の指の半分という大きさ、電話をするのでさえ、数字を押し間違えるのは何度ももありました。

 

 

 

友人であれば、Facebookにメッセージを送ってもらって、テザリングで日本のSIMロックがかかってあるIphoneで応答すると言う手があるのですが、友人ではない、海外の人はよくメッセージを使ってくるので、iphoneで1分以内で送れるメッセージもWi-Fi S31HWだと5分ぐらいかかってしまいます。

 

 

 

すごくイライラしてしまうスマホです。 開発した人も分かっていたのかはわかりませんが、最初のロックを外した後のホームスクリーンに大きくテザリングのボタンがあります。

 

 

 

すごく便利で大きなボタンなのですが、知らない間に間違えて消してしまい、その大きなボタンを再度ホームボタンに置くことができませんでした。最終的に、工場出荷時の状態に戻すことでボタンをホームスクリーンに置くことが出来たのですが、その状態に戻すまで設定画面に行かないとテザリングが出来ないという面倒なことになってました。

 

 

 

最終的にこの携帯は3年ぐらい使い、今は別のを使ってますが、当時の価格からするとすごい安いスマホだと思います。

 

 

 

今でこそ格安なスマホは沢山ありますが、その当時は皆無でしたし、海外から買うにしろかなりの値段がしました。

続きを読む≫ 2015/07/06 17:41:06

先般までずっと従来の携帯電話を使用してきましたが、ガラケー専用サイトが軒並み終了していき、普通にニュースなどの情報すら見ることが難しくなってきたので、スマートフォンに乗り換えることにしました。

 

 

 

そこでネックとなったのが価格で、いわゆるキャリアの通信業者だと1万円に近い価格が毎月かかってくるので、それは家計的にとても痛いですし、そもそもその価格に見合うほど使用はしないので、格安SIMを扱っている業者への乗り換えを検討しました。

 

 

調べだすと一口に格安SIMといってもさまざまで、業者ごとで料金体系もぜんぜん違いますので、単純な比較がしにくく、かなり悩みました。

 

 

そうしてOCNモバイルONEに決めたのですが、その理由となったのは、NTTのバックボーンが信頼性が高いと思えたことと、通信品質も良いという評判、留守番電話サービスなどのオプションサービスが便利だと感じたことなど、複合的な要素でよさそうだと思えたためでした。

 

 

 

留守番電話のオプションをつけて、一日上限の使用パケット量が決められているプランで、プラスで従量制の電話代が入っても、月額でも3000円以下という金額に結果的にはなり、値段的には問題ないと感じられました。

 

 

 

通信速度は、これは今までスマートフォンをつかってなかったので良くわかりませんが、早くはないかもしれないが、大きな不満はない、と個人的には思っています。たとえばゲームだとか動画だとかを精一杯楽しみたいという人には、向いていないかなと思います。

 

 

 

一日のあいだたまにネットを除いたり軽くゲームをしたり、メールや電話もたまにしたり、といった程度なら、このプランで十分です。

 

切り替えもスムーズにいきましたし、サポートに電話したときも案内は丁寧に行って頂けましたので、全体的に今のところはとても満足しています。

 

続きを読む≫ 2015/07/05 17:43:05

今まで携帯電話の料金に不満は持っておらず、ずっとAUスマホを使用していました。 というのも私はアラフォー世代で、携帯電話料金が2万〜3万かかるのが普通、一万円以下で抑えれたら、今月はかなり節約できたと考えていたからです。

 

 

 

普通なら電話料金が高いと感じるのでしょうが、ほとんどの方はこれぐらいの電話料金の支払いが当たり前だったので、違和感を感じていなかったんです。

 

 

それからすると、今掛け放題プランとかにしても1万を切るものばかりです。 昔に比べると安くなったなあと感じこそすれ、高いなんて微塵も思わず、昔から使ってるAUを使い続けていました。

 

 

 

昔は契約年数によって料金割引が大きく、下手に携帯会社を乗り換えるより同じ会社を使い続けるとお得になるというシステムがあったからです。

 

 

 

またその会社を使い続けてるとポイントがたまっていき、これを使うと機種変更とかは無料で行えたので、あえて乗り換えはしなかったわけです。

 

 

ところが最近テレビで格安スマホ会社のCMをよく見かけるようになり、しかもその月々の値段が今の半額以下になると宣伝していました。

 

 

 

この時、今までの自分の意識がオカシイのでは?と疑念を持つようになりました。これをきっかけに格安スマホ会社を調べてみました。

 

 

 

利用料金の安い格安スマホ、DMMmobileなら今の三分の一ちょっとぐらいになり、高めの格安スマホ会社YMOBILEなら半額ぐらいになるってかんじでした。

 

 

 

この料金差はどこからくるかというと、サービス面での違いでした。 DMMmobileはネットで契約をし、送られてきたスマホを自分で初期設定という感じで、故障などのトラブル時も自分で対処するというものでした。

 

 

 

そういう人件費の節約から、利用料金が安くなっているというわけです。 YMOBILEはAUや各キャリア会社のように街中に店舗をかまえ、お店に出向いてスタッフと対面で契約をしたり初期設定をしてもらい、スマホを受け取るというものでした。

 

 

 

もちろんネットでの販売契約もしていますので、お店に出向くのが面倒という方にも問題ありません。 私が選んだ格安スマホ会社はYMOBILEでした。

 

 

 

YMOBILEは他の格安スマホ会社から比べると料金は高いですが、AUとかと比べると半額近くになり、年間だと5万円ぐらい差がでるので、乗り換える手間を考えてもアリだと感じました。

 

 

 

またお店に出向いて契約をすれば、AUとかのようにスタッフが手続きをしてくれたり、アフターサービス面が他の格安スマホ会社よりも上だったが決め手になりました。

 

 

 

使ってみた感じ、電波状況というか通話の品質に関しては問題ありませんでした。 問題なのは通信量で、私は自宅職場で無料のWIFI通信ができる環境なのと、出先ではあまりスマホは使わないので、通信量制限には引っかかったことがないですが、こういう環境じゃない人には厳しい感じがしました。

 

 

 

通信速度などは速く、私は使ってみて不満はまったくないので、YMOBILEに乗り換えて正解でした。

続きを読む≫ 2015/07/03 17:45:03

私はガラケーを未だに使っています。そろそろスマホに乗り換えようかとした頃に格安シムの存在を知り、いろいろ調べていくうちに格安シムの方がスマホのパケット料金よりはるかに安いので選びました。

 

それからガラケーは通話のみ使用することにして、シムフリータブレットを購入し、格安シムカードを挿入してメールやネットに使用することにしました。

 

 

スマホよりも画面サイズが大きいのもタブレットを選んだ理由です。 次に格安シムカードをいざ購入するとなったときに、いろんな会社の格安シムカードがあり、どこのがいいのかしばらく迷いました。

 

 

月に1Gバイトや月に2Gバイトコースなど月単位のコース設定が多い中、OCNモバイルONEは1日に110MBという1日単位の設定に魅力を感じました。

 

 

私が格安シムカードを始めたのが、2015年4月からだったのですが、3月までは70MB/日だったのが4月より110MBにアップしてお得でした。2015年3月時点では価格ドットコムの格安シムカードランキングで1位だったのも選んだ理由です。(現在では少し下がってきているようですが) 月額料金は972円だけなので、通話専用のガラケー代も千円代でかなり安いので、スマホ契約をするより大幅に節約できたと感じています。

 

 

 

現在使用していての感想ですが、1日110MBというのは、メールチェックやネット閲覧、ゲームを少しするという使い方をしていますが、十分使えると思います。外でヘビーに利用しないので、私にはこのプランがちょうどよくて良かったです。

 

 

 

自宅ではルーターを利用しているので、格安シムカードは外出先で利用しています。ゲームをインストールしたりする時は絶対にこのプランではしない方が良いです。

 

 

 

何度か気づかずに1日110MBの壁を超えたことがありますが、使えることは使えますが、その1日はかなり低速になるので、注意したほうがいいでしょう。

 

しかし、トータルで考えたら、OCNモバイルONEを契約してとても満足しています。

 

続きを読む≫ 2015/07/02 17:47:02

私は現在NEC Aterm MR03LNというWi-FiルーターにU-mobileの格安SIMを差して快適にインターネットサービスを享受しています。

 

 

 

私はiPhone5Sの他にWi-FiモデルのiPad AirとMacBook Airを保有しており、屋外でもこの2つの端末を度々インターネットに接続して使用しています。

 

 

 

ネットに接続する主な手段として以前はiPhone5Sのテザリングを利用していたのですが、このテザリングを使用しているとiPhoneのバッテリーすぐになくなってしまいますし、データ通信量もすぐに制限に達してしまっていたのでより快適にネットに接続ができるようにWi-Fiルーターを持とうと考えたのです。

 

 

携帯キャリアのWi-Fiルーターは毎月の高速通信量に上限がありますし、WiMAXの場合は建物内では電波が安定しないので私のニーズを満たしていませんでしたし、毎月およそ4000円の費用が発生してしまうので予算オーバーでした。

 

 

 

今話題の格安SIMで無制限に高速データ通信ができるものはないかと探していたところ、見つけたのがU-mobileの格安SIMでした。

 

 

 

U-mobileのLTE使い放題プランならば月額2480円で通信量を気にせず通信ができるので早速契約することとしたのです。

 

 

端末はNEC製のAterm MR03LNというWi-Fiルーターをamazonで見つけて購入しました。

 

 

 

実際に使ってみると博多市内で15Mbps程度の速度が出ているので特にストレスを感じずに使えていますし、通信量を気にせずネットができるので利便性が格段に向上しました。

 

 

 

外出先でもiPad AirとMacBook Airの出番が増えてiPhone5Sの出番が減ってきています。

 

 

 

データ量が無制限で高速通信ができるのでU-mobileの格安SIMの導入を機に自宅の光回線も解約し、現在では自宅用のネット回線も兼ねる形で利用しています。

 

自宅の回線を解約したことでトータルの通信費用の削減にもつながったので、契約して本当に良かったと思っています。

 

続きを読む≫ 2015/07/01 17:50:01

格安スマホ会社のDMMmobile(以降DMMと呼称します)にdocomoからMNPしました。

 

docomoの月額利用料金が高かったのが不満だったのが格安スマホに乗り換えた主な理由です。

 

格安スマホ会社は色々ありますが、DMMを選んだ理由は月額料金が他よりも安かったんです。

 

他の格安スマホ会社をかなり意識してるようで、料金プランは基本的に最安値になってます。

 

 

 

大体2番手の会社より数十円安いっていう範囲なので、意識的に奏してるんだと思います。

 

 

 

そして料金プランが多彩なんです。 大体他の格安スマホ会社の音声通話つきのプランだと大体三つぐらいじゃないでしょうか?

 

 

 

月額通信量が1G〜3Gの一番安いタイプ、3G〜5Gのスタンダートタイプ、5G〜10Gの通信量の一番多いタイプって感じで大体3種類ぐらいしか用意されていないと思います。

 

 

DMMの場合、1G,2G,3G,5G,7G,8G,10Gと色々な利用料金が用意されてあります。

 

 

 

スマホ会社によれば最低は2Gや3Gからという所がありますが、実質1Gぐらいしか使わないって人からすると、無駄な料金を支払わされてることになるので、損した気分になってしまいますが、これなら自分の使用環境に合わせたプランを選択することができます。

 

 

 

そしてDMMの良いところは、通信量が余ったしまった分を翌月に持ち越せるんです。

 

 

 

例えば5Gのプランに入っていて、今月3G分しか使用しなかった人は、翌月は5G+先月未使用分の2G=合計7Gが使用可能になるというわけなんです。

 

 

 

これなら余すことなく使えるので、便利ですよね。 注意点は翌月に持ち越せても、翌々月には持ち越せないってとこぐらいです。

 

 

 

DMM含め格安スマホにする上で気をつけて欲しいのは、自宅にインターネット回線を引いてない人です。

 

 

 

引いてる人は、それを使ってWIFI通信を行えば通信量を節約できるので、利用プランが1G〜3Gとかでも困らないのですが、引いてない人はそうはいきません。

 

 

 

あまり使わない人でもアプリ更新等で勝手に通信されてしまうので、通信量の少ないプランだと通信制限になってしまったりするということです。

 

 

 

私は自宅にインターネット回線を引いてるので、安い料金プランで問題なく使用でき月額4000円以上節約できましたが、そうでなはい人はそれなりの通信量のコースを選択しないと困ることになるので、気をつけてください。

 

続きを読む≫ 2015/06/18 17:52:18

元々ずっとauのガラケーを使用していまして、周りが皆スマートフォンになっていく中で、一人頑なにガラケーの使用を続けていました。

 

乗り換える手続きが面倒だったのと、スマートフォンがよくわからなかった、月々の使用料がメインキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)では高そうだった、というのもあります。

 

 

 

ですがある時2ヶ月ほど入院をしまして、入院中ずっとろくに外出できなかったもので暇を持て余していました。

 

 

 

そんななか、仲良くなった似たような境遇の患者さんたちが、皆スマートフォンやiPadなどを所持しているのを見て、自分も欲しくなったのです。

 

 

特に退院後も入院仲間たちと連絡を取るために、LINEを使用したくなりました。 さて、退院した後もリハビリなどありましたので、時間だけはたっぷりありました。

 

 

 

そこでようやく重い腰を上げて、インターネットで自分でスマートフォンの事を徹底的に調べあげました。

 

 

 

そんな中で、いわゆる格安スマホのことを知ったのです。

 

 

色んな業者がありましたが、月々の価格やネット回線のつながりやすさ(噂話程度ですが)、本体の性能などを調べまして、最終的にU-mobileに決めました。

 

 

 

値段だけではなく総合的に判断してのことです。

 

 

 

元々ガラケーでは月々5,000円弱は払っていたのですが、U-mobileのスマートフォンに変えてから、月々3,000円以下で済むようになりました。

 

 

 

おまけにネットも見放題です。回線速度も問題ありません。意地を張ってガラケーを使用し続けていたのが馬鹿らしくなりました。

 

 

 

月々の通信費も減りましたし、格安スマホに感謝です。 格安スマホに問題があるとすれば、現在は色んな業者がたくさん出てきているので、どれを選べばいいか悩むことと、メインキャリアのような手厚いサポートはないので、ある程度自分でスマホの設定をいじるための知識を持っていないと、そのままでは使用できずに危険だということです。

 

 

 

あと通話料のかけ放題のようなプランもありません。

 

 

 

電話で話をするのがメインだという方には格安スマホはオススメしません。 調べ物やITの知識に自信があり、ご自分で判断を下して納得できる方なら格安スマホを選ぶのもありでしょう。(よくわからないなら、他人の手を借りるのもありです)

 

 

 

何にせよ格安スマホは、月3,000円以下で使用できることが多く、スマホとしての要件はほとんど満たしています。

 

 

「格安だからデメリットばかり多いのではないか?」と考えて尻込みする必要はありません。気軽に乗り換えてみることをオススメします。

 

続きを読む≫ 2015/06/17 17:54:17

わがやは家族4人がスマートフォンを利用しています。

 

自宅は光回線のWiFi利用でデータ通信に問題はないのですがどうしても毎月の契約上限のデータ通信料をこえてしまいます。

 

かといって、追加でデータ契約をしだすときりがないという悩みを抱えていました。

 

 

 

1Gあたりが1000円というのが相場になりますのでとてもではありませんがお得とはいえないものです。

 

 

 

もともと家族4人が上限3Gというのが無理があったのですが。そこで見つけたのがY!mobleのプランです。

 

 

 

モバイルWiFiルーターで毎月データ通信使い放題で4000円弱。WiFiルーターの本体代金は2年契約前提で0円というものです。

 

 

 

通信網がLTEではなく、Wimaxというところだけが利用したことがなかったので不安だったのですが基本的にはちょっとしたお出かけ時に家族と共用で利用できたらいいなと思っていたので思い切って契約してみました。

 

 

口コミでは屋内に弱いとか地下には弱いということはわかっていました。しかし、自宅は問題なくデータ通信可能ですし、地下に潜ってのデータ通信時はLTE回線を利用すれば問題ないのでそれほど気になりませんでした。

 

 

 

まずは購入して非常によかったというのが感想です。

 

 

もちろんデータ通信の追加契約も一切必要なくなりました。子供たちは2G以上追加契約していたのでかなりのコストダウンです。

 

 

 

また、同時接続が複数回線可能なので家族4人のスマートフォンに加え、タブレット端末まで同時利用できます。

 

 

 

おでかけにはもってこいの契約でした。購入後、利用していて気になるところはモバイルルーターの電池の持ち時間でしょうか。

 

 

 

今ではモバイルバッテリーも常に持ち歩くことでこの不便さを解消するようにしています。

続きを読む≫ 2015/06/16 17:56:16

以前から格安simには興味があったのですが、どのようなサービス内容でどのくらいの費用が必要になるのかがよく分からない点が多く契約を控えていましたが、Y!mobileから格安simが発売されるということですぐに契約を行いました。

 

 

 

もともと格安simを選ぶ最大の理由がやはり料金です。

 

 

 

今までの高い使用料には不満がありましたので、格安でスマートフォンを使うことができるサービスにはとても興味がありました。

 

 

 

私がY!mobileの格安simを選んだ理由は、ソフトバンクが運営している会社だからです。

 

 

 

安定したサービスと、信頼できる会社からY!mobileを選びました。 また、最も安いプランで高速通信1GBが付いて2980円はとても魅力的です。

 

 

 

2年後には3980円に変更されますが、それでも満足のいく料金設置です。

 

 

 

そして、Y!mobileはイーモバイルとウイルコムからなる会社でもありますので、PHS回線にはとても強いというメリットがあります。

 

 

 

それにソフトバンクの3G回線が加わりさらにLTE回線もあるという大きな強みを持っているので携帯電話にはなくてはならない通信の品質に優れています。

 

 

 

電話もよく使用する私にとっては、こういった品質が良く通信が安定しているサービスはとても魅力的です。

 

 

 

さらに、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えることも大きなメリットです。これだけのサービスがあり、今までの月々の料金が8000円から2980円になったのですから、もっと早く変更しておけばよかったと感じています。

 

 

 

しかし、このプランはデータ通信が月に1GBまでです。私の場合は通話が多くあまりスマートフォンでインターネットをしませんので、頻繁にインターネットなどを行う場合は月に7GBまで可能なプランをお勧めします。

 

 

 

それでもかなりの格安だと言えます。

続きを読む≫ 2015/06/15 17:58:15

今までAUを使っていましたが、格安simのYMOBILEに乗り換えてみました。

 

乗り変えた理由は、月額料金に対する不満からです。

 

 

 

AUは10年以上使っていたのですが、昔は契約年数が長いとそれなりに割引してもらえましたが、今はそういうのはなく、特に使い続けてることにお得感を感じてませんでした。

 

 

 

そう思ってるとテレビCMでYMOBILEの月額利用料金が2980円というのを知り、これが事実なら月額4000円以上は節約できる、年間でいえば5万近くになるので、興味を持ちました。

 

 

 

格安スマホ会社は色々あり、YMOBILEよりも安い会社もありましたが、ここに決めた理由は主に2点です。

 

 

 

格安スマホの弱点は音声通話料金の高さにあると思うのです。 キャリアのようにかけ放題とかのプランは用意されておらず、30秒20円という通話料金がかかってしまうので、よく電話をする方には高くなってしまうのでは?と思いました。

 

 

私はあまり電話はしないですが、まったくしないわけでもないので、音声通話料金がきになったんですが、YMOBILEは10分以内の通話だと無料だったので、長電話をしない私には最適だと感じました。

 

 

 

もう一点は店舗が近くに何店かあったことです。 他の格安スマホ会社は、店舗を構えておらず主にネットで契約等のやり取りをする感じでした。

 

 

 

家電量販店系の格安スマホは店内に専用ブースを構えてくれているのですが、近くにお店がないのが不便でした。

 

 

 

そういう意味ではYMOBILEは車で5分程度でいける距離に2軒あったので、契約やトラブル時の対応というアフターフォロー面でもYMOBILEが優れていると思いました。

 

 

 

もちろんその分のデメリットもありました。 それは月額料金です。 他の格安スマホ会社よりも通話料金、アフターフォローで優れている分、月額利用料金が他の格安スマホ会社よりちょっと高いんです。

 

 

 

AU等のキャリアよりは安いが、格安スマホよりは高いというポジションなんです。 私はそういうメリット、デメリットの両方を見比べて、YMOBILEが良いと判断したので契約しました。

 

 

 

使ってみた感じ、音声通話や通信速度で不満を感じたことはありません。 通話料金もほぼかからず、予想通り毎月4000円ほど節約できているので、乗り換えてみて良かったと思ってます。

続きを読む≫ 2015/06/14 18:00:14

ずっとAUのスマホを使っていたのですが、少し前に格安スマホ会社のNifmoに乗り換えました。

 

 

 

ガラケーの時代からAUを使っていたので、月額料金に不満を感じながらもずるずる使っていたのですが、月額料金を試算してみると、格安スマホだと半額以下になりそうだったので、さすがにこれはと思い乗り換えました。

 

 

 

具体的にはAUだと毎月8000円ほどかかり、自分あった格安スマホの料金プランだとスマホ本体とのセットで月3Gのデータ通信と音声通話つきのプランで3500円程度だったので、下手すれば毎月5000円ぐらい変わる計算だったので、変えました。

 

 

 

また、当時使っていたスマホの電池も寿命が近かったので、格安スマホ会社で本体セットのプランを申し込んで新しいのスマホにしておきたいなって思ったのもあります。

 

 

 

格安スマホの場合本体セットでもこの料金ですんでしまうんです。 人によるのだと思いますが、私の場合自宅にインターネット回線を引いて無線LANでパソコンでネットしてるので、自宅でスマホを使う場合はこれに乗っかれるので通信量の制限は3Gとかあれば十分だったのがデカイと思います。

 

 

 

あと、私が乗り換えた時期だとNifmoのZenfoneスマホは8000円のキャッシュバックがあったので、よりお得に乗り換えることができたというわけです。

 

 

 

ただ、気をつけないといけないのは私は無料WIFIが使える環境だったから良かったわけで、そうじゃない人は気を付けたほうがいいと思います。

 

 

 

ほぼスマホを使わない人はいいですが、普通に使ってると3Gのデータ通信枠なんて半月もつかどうかです。

 

 

 

あっという間に通信制限がかかり低速通信になってしまうので、気をつけないたほうがいいです。

 

 

 

あと注意したほうがいいのは、スマホ購入時の初期設定とか自分でしないとダメなので、ガラケーからいきなりスマホにするって人には、少しハードルが高いと思います。

 

 

 

すでにスマホもってて慣れていたり、多少のトラブルは自分でなんとかできるって人にはとてもお勧めなので、是非格安スマホを検討してみてください。

続きを読む≫ 2015/05/21 18:01:21

私は、スマートフォンを使用していますが、キャリアとの契約はしておらず、iijmioの格安simで運用しています。

 

 

 

現在ではみおふぉんという通話機能をプラスしたサービスがありますが、当時はiijには通話プランがプラスで着るサービスはありませんでしたので、データプランの1GBタイプを契約しました。

 

 

 

スマホは、通販で白ロムを1万円しないくらいで入手しました。 設定は難しいかな、と心配していましたが、5分程度で終わるくらい簡単なものでした。設定を終えると、あとは普通のスマートフォンのようにサクサクデーター通信が可能です。

 

 

 

月々の利用料は900円くらいですので、キャリアでスマホを契約するのはばかばかしくなります。私は、通話は断然ガラケーはなので、ガラケーは残してスマートホンを運用することを考えると、キャリアでもう一回線契約するには維持費が高すぎますので、私のような2台もちの方には、格安simは最適です。

 

 

契約当初は1GBの契約だったのですが、その後他社との熾烈な価格競争により、値下げではなく、容量が2GBにアップされました。iijの一番おすすめな点は、その月使用せずに残ってしまったデータ容量を次の月に繰り越せる点です。これは、他のプロバイダーでは行っているところが少なく、これがあるのとないのとでは雲泥の差です。

 

ほんの少し足りなくなった時に、別料金の、割高な支払いをしてデータ容量を買い足す必要もなくなるため、節約目的で格安simを持つ場合は、iijmioはかなりおすすめです。

 

 

データ通信は、ドコモの回線を使用しているため、普通のスマホと全く遜色なく使うことができます。機械物が苦手な方には、設定が少し面倒かもしれませんが、パソコンが使える方なら快適に使用できると思いますので、おすすめです。

 

続きを読む≫ 2015/05/20 18:03:20