IIJMIOという格安SIM

大手通信業者が始めた通料速度制限ですが現在では格安SIM業者でも規制をかけることが当たり前となってきました。

 

 

 

これは電波に限界があるため、やむを得ないことだと割り切るしかありません。 では、その中でもどの業者を契約するのかは知識を必要とするところです。

 

 

 

私はIIJMIOという会社をおすすめします。様々な格安SIM業者がある中で、大手キャリアの電波を借りているという点をメリットにしている業者は少なくありません。

 

 

 

というよりもほとんどすべての業者が大手キャリアの通信網を借りているのでその謳い文句は当然といえます。

 

 

しかし、実際そのキャリアと同等の速度が出るのかと言えば出ません。私は様々な業者で契約して試しましたがIIJMIO意外の業者は基本的に超低速でした。もちろん時間帯や利用場所により異なるでしょうがIIJMIOは場所時間を問わず安定した通信速度を維持してくれます。

 

 

 

また、大手キャリアで10GBを契約した場合、現在では9500円と比較的高額になってしまうのに対し、IIJMIOは2560円とまさに格安です。私は1人で利用するため、SIMカードは1枚ですが最大3枚までシェアすることができるため、大手キャリアのみで契約する事を考えると非常にお得です。

 

 

 

また、大手キャリアがこぞって提供している通話し放題プランですが、これはこれで利用価値が高く、私はガラケーで2200円、IIJMIOのスマートフォンで10GB2560円です。合わせても税抜き4760円しかかかっていません。

 

 

 

ガラケーは通話以外できませんが以外と負担にはならず、少し前まで懸念されていた「格安SIMはテザリングができない」という不安も現在では解決されています。テザリングが利用できる機種がありますので、その機種を選べば家庭用のパソコンでも十分に高速通信が可能です。

 

 

 

格安SIMは契約しなければデメリットを理解しづらいものですが私は断然IIJMIOをおすすめします。

 

関連ページ

スポーツジムに設置されている水素水の販売機が非常に気になります
私は趣味でスポーツジムに通っているのですが、そこには水素水の販売機が設置されています。
通話料金に魅力を感じYMOBILEに変更しました。
ずっとAUスマホを使っていたんですが、この頃の月額料金は8000円ほどでした。
便利でお安い格安スマホ
スマートフォンにしたいとずっと考えていました。しかし、いろんな人から話を聞くと料金についてかなり高いと言う話でした。
格安スマホ会社に買い替えるタイミングについて
今、あらゆる格安スマホ会社が出現していていつかは買い換えようと考えている方々も多いことだと思います。
価格の安さに惹かれワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)480円SIMに乗り換えてみた
近年、数多くの格安SIMが登場ていますが、ワンコイン未満でで利用できる大手家電量販店ヨドバシカメラの格安SIMを購入してみました。
OCNモバイルONEへ乗り換えてみての実感
世間の流れからはだいぶ遅ればせながら、必要にかられてきたのでガラケーからスマホへ先日乗り換えました。
格安SIMでガラケーの安さでスマホを利用しています
私は現在、格安SIMを入れたスマートフォンを利用しています。スマートフォン本体はリサイクルショップで格安SIMを入れるために買いました。値段は3千円ほどでしたのでとても安いと感じています。
料金、安定感、使い勝手、すべてを考慮するとBIC SIM
インターネットやスマートフォンの通信料金が気になり始め、まずはインターネット回線のほうが契約満了を迎えたので評判の格安SIMへの乗り換えを決意しました。
DMMmobileのバースト機能はなかなか快適です
ずっとdocomoのスマホを使っていたのですが、格安スマホと比べると利用料金を不満を感じたので、格安スマホに乗り換えました。
家族でのスマホ選びについて
我が家は私と家内がすでにスマートフォンを所有しています。今年、それぞれ高校生、中学生になった娘たちにもフューチャーフォンからスマートフォンに買い替えてあげようということになりました。
自宅でも外出先でも徹底してwifiを使って節約!
私の使用しているデジタル機器は、パソコンWindows7、iphone5c、それから最近購入したSurfaceRTです。
DMM mobileの格安SIM、今年3月26日より大幅に安くなりOCNから乗り換えました。
私は元々通話用にガラケーと、SIMフリーのiPhone6にOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使っていました。
端末はヤフオクで、回線は格安SIM
通信料金はどれだけ収入がなくとも一定の額かかるので、かつて三大キャリアしか選択肢がなかったときは泣く泣く高いお金を支払ったものです。
格安sim購入のポイント
わたしは1年前から単身赴任をしています。毎月3Gが上限のスマートフォンとと自室には光ファイバー敷設の上、ノートパソコン利用。
格安スマホfreetel priori2について
私は色々悩んだあげくfreetel priori2にしました。アマゾンでバッテリーの予備がついて13,000円ぐらいでした。
お金の節約のために格安SIMに変えたら時間も節約できて一石二鳥
iPhone4が出てからというもの、世間の流れもありずっとスマホを使ってきました。
イーモバイルPocketWi-Fi S31HWについて
イーモバイルは海外ではSIMフリーとして使えますよと聞いたので、海外旅行用にレンタルしてwifiルーターを借りるよりは、スマホとしても使えるしと思い、アマゾンで7,000円で購入しました。
キャリア業者からOCNモバイルONEへ乗り換えました
先般までずっと従来の携帯電話を使用してきましたが、ガラケー専用サイトが軒並み終了していき、普通にニュースなどの情報すら見ることが難しくなってきたので、スマートフォンに乗り換えることにしました。
毎月の電話料金に不満を持つようになり、YMOBILEに乗り換えた
今まで携帯電話の料金に不満は持っておらず、ずっとAUスマホを使用していました。
OCNモバイルONEは外出時にピッタリです!
私はガラケーを未だに使っています。そろそろスマホに乗り換えようかとした頃に格安シムの存在を知り、いろいろ調べていくうちに格安シムの方がスマホのパケット料金よりはるかに安いので選びました。
無制限に高速データ通信ができる格安SIMはU-mobileだった
私は現在NEC Aterm MR03LNというWi-FiルーターにU-mobileの格安SIMを差して快適にインターネットサービスを享受しています。
格安スマホだとDMMmobileが安かった
格安スマホ会社のDMMmobile(以降DMMと呼称します)にdocomoからMNPしました。
ガラケーから格安スマホ(U-mobile)に乗り換えてみて
元々ずっとauのガラケーを使用していまして、周りが皆スマートフォンになっていく中で、一人頑なにガラケーの使用を続けていました。
Y!mobileのモバイルWiFiルーター契約
わがやは家族4人がスマートフォンを利用しています。自宅は光回線のWiFi利用でデータ通信に問題はないのですがどうしても毎月の契約上限のデータ通信料をこえてしまいます。
Y!mobileの格安simは最高のサービスです
以前から格安simには興味があったのですが、どのようなサービス内容でどのくらいの費用が必要になるのかがよく分からない点が多く契約を控えていましたが、Y!mobileから格安simが発売されるということですぐに契約を行いました。
テレビCMでよく見かけるYmobileに乗り換えてみました
今までAUを使っていましたが、格安simのYMOBILEに乗り換えてみました。 乗り変えた理由は、月額料金に対する不満からです。
少し前に格安スマホのNifmoに乗り換えました
ずっとAUのスマホを使っていたのですが、少し前に格安スマホ会社のNifmoに乗り換えました。
iijmioの格安simは、満足度が高いです。
私は、スマートフォンを使用していますが、キャリアとの契約はしておらず、iijmioの格安simで運用しています。